前へ
次へ

肩こりの原因となる疾病や日常生活

肩こりとはどのような症状で、原因や改良法はどうなっているのでしょうか。症状は、首すじ、肩、背中周辺に張りや凝りを感じ、場合によって痛さ、頭痛などが伴うこともあります。肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、首の後ろから肩、背中にかけての筋肉が問題となります。同じ姿勢での作業、前かがみなどの姿勢の良くない場合、精神的なストレス、冷房などが原因となる場合が多いようです。意外と大きな疾病がある場合がありますから、医師に相談するのも有力な選択肢です。問診、触診、血圧測定、レントゲンだけでなく、場合によってはMRI、筋電図などの検査が必要な場合もあります。肩こりの原因となる疾患として椎間板ヘルニアがあります。首や肩の凝りだけでなく、腕の痛みまどが伴うことがあるだけでなく、歩行障害が発症することもあります。原因は背骨をつなぐクッションの役割をしている骨が加齢などにより変化することです。悪い姿勢での長時間の仕事やスポーツなが誘因になる場合も考えられます。治療法は、首を安静にして、鎮痛消炎剤を服用し、神経ブロック注射などで痛みをやわらげる方法が採られます。これらの治療で改善しない場合は手術を受ける必要がでてきますが、よく医師と相談することが最も重要です。日常的に予防する方法がありますので、重症化するまえに心がけるのも必要なことです。まず、運動することが予防法の最も実践しやすい方法でしょう。とは言っても人は一日中運動することは時間的に難しいでしょう。ですから、方法としては仕事中、通勤途中、食事中などの時間に良い姿勢をとることを心がけると良いでしょう。良い姿勢とは凝りやすい肩にできるだけ負担をかけない姿勢を意識すると言うことです。人の体の構造は頭の重みと重力により何もしていない状態でも肩には常時負荷がかかっていると言われています。このように毎日の自分の姿勢を見直すだけで快適な時間が過ごせる場合が多いと言えます。さらに、日常のストレスが肩こりの原因となるとも言われます。ストレスをうまく発散させることも重要です。

Page Top