前へ
次へ

肩こりと肩の痛みの違いを知る必要がある

日常生活をしていて肩こりがあるとき、気になるかもしれませんが仕事などができないくらいではないでしょう。一方肩に痛みがあると手が自由に使えずに仕事に支障が出たりします。何らかの治療をしなくてはいけません。一般的な肩こりは肩周辺の筋肉や血行に問題があるケースが多く、ちょっとしたマッサージをすることで解消することが可能です。しかし痛みが出るくらいの違和感だと単に筋肉や血行に問題があるだけではないかもしれません。肩の痛みとして考えられるのが頸椎のヘルニアで、腰痛などで起こるヘルニアが首のあたりで発生します。骨と骨の間にある椎間板が飛び出して痛みを感じる神経に触れて痛みが出るようです。実際は首で起きていても、肩周辺に違和感を覚えるときは肩の痛みとして感じやすくなります。ヘルニアだとマッサージなどをしても良くなりませんしやり方によっては症状が悪化するときもあります。凝りなのか痛みなのかの違いを知って適切な処置をした方がいいでしょう。

Page Top