前へ
次へ

スパで温めて肩こりを和らげよう

肩こりの原因はさまざまですが、血行が悪くなるとひどくなりがちです。事務仕事のやり過ぎ、スマートフォンの見過ぎなど根本的な原因があるならそれを改めつつ、対症療法としてはまず温めることがお勧めです。とにかく毎日湯船に浸かることを心がけてみましょう。ユニットバスなどで湯船が狭く浸かりにくいなら、銭湯やスパなどを積極的に利用するのもいいでしょう。銭湯やスパでは薬湯やジェットバスなど、家庭ではなかなかできない浴槽も楽しめます。家の狭い風呂に入るより、リラックスして肩こりが和らぐこともあるでしょう。毎日というわけにはいかなくても、休日の楽しみに銭湯に行くとか、肩こりや疲れが溜まってきたらスパに行くなど、リラックスの方法として利用してもいいかもしれません。スパや銭湯ではスマートフォンも触れないので、スマホ中毒でついみてしまう、という人にも意外と効果があります。現代人はリラックス慣れしていないので、まずは力を抜くために入浴を趣味にしてみましょう。

Page Top