前へ
次へ

現在の子供は、肩こりになりやすい、その背景

現在の子供は、従来の子供と比べると、潜在的に肩こりになる可能性があります。従来の子供は、外で走り回り遊ぶ傾向がありましたが、現代の子供は、塾に通ったり家でテレビゲームをしたりする傾向が増えているでしょう。体を動かさない中で、疲労物質が筋肉にたまりやすくなり、筋肉を硬く硬直させてしまうのです。子供の肩こりは、子ども自身も気づきにくく、親も気づきにくい話もよくあります。この症状の悪化は、頭痛を引き起こし、頭が痛いなどの言葉も子供自身から現れやすくなるのです。肩こりは、大人が引き起こす内容だと親が思い込んでいる場合も多くあり、風邪薬などで対応しようとする親もいるでしょう。根本的な解決には繋がらず、ただの痛み止めにしか働きません。内科などの病院に行っても、肩こりが原因だと判断されるケースも少なく、対応を見失ってしまう場合もあります。大人が知識を持ち合わせておくのが大切であり、子供が引き起こす認識も重要です。

Page Top