前へ
次へ

運動不足は肩こりに通じます

事務仕事が多く体を動かさない日が続くと、肩こりになりやすいです。そういうときにはちょっとした運動を始めてみるのがいいでしょう。例えば、ラジオ体操は簡単で体に負担もなく、空き時間に続けることができます。肩こり予防の運動と言うと、ストレッチを徹底的にやらなければいけないようなイメージがありますが、実はそうではありません。逆に、体が凝った状態で筋を伸ばしすぎることで傷めることもあるので、「凝っているな」という自覚症状があるときは軽い運動から始めるのがおすすめです。工場や会社でも、始業前にラジオ体操を行うところもありますが、自分でも意識して体をほぐすようにしましょう。また、散歩も体をほぐす全身運動です。通勤時間に、片側にバッグをかけて急いで歩くような歩き方ではなく、手ぶらで全身をリラックスさせ、自由な速さで気持ちよく歩くことを心がけましょう。両手両足をバランス良くするため荷物を持つならリュックなどがおすすめです。

Page Top